自己破産で発生する法的手続きは弁護士と協力して行いましょう

自己破産で発生する法的手続きは弁護士と協力して行いましょう

宣言すれば自己破産、ではない

返済が滞ったのでもう返せません、と債権者に言っても自己破産にはなりません。自己破産を成立させるためには、裁判所に破産手続きの申し立てを行う必要があります。どこからいくら借りているか?月いくら返すのか?月の収入は?資産は?など揃えるべき書類が山ほどあり、更にそれらの書類で「返済計画が破綻しているため返済が不可能である」という事を客観的に証明し、裁判所に破産を受理してもらって初めて破産手続きが開始されます。

手続きをスムーズに行うためには弁護士を雇いましょう

自己破産の弁護士費用はおよそ20~50万程度といわれています。お金の無い人のための建て替え制度や超低利息の分割などを活用することもできます。自己破産によって免責される借金の金額を考えれば、弁護士にお願いしてより確実に破産手続きに入れるようにするのが良いでしょう。港区で弁護士を探す場合には駅からアクセスのよい弁護士事務所を探してみると良いでしょう。

自己破産にメリットはあるの?

何といってもメリットは借金がすべて帳消しになることです。1億円でも1万円でも平等にすべの借金が無くなります。また、破産したからと言ってすってんてんの1文無しになるわけではありません。高価でない家財はほとんんど残せますし、現金も生活に困らないくらいのレベルでのこすことができます。

自己破産できないケースもある

裁判所に申し立てる際に返済が不可能と認められなかった場合には破産できず、債務整理などで少量ずつでもお金を返していくことになる場合もあります。破産申告は慎重に行いましょう。

自己破産すると失うモノ

  • クレジットカードを持てなくなる
  • 官報に住所と名前が乗る
  • 税理士など一部の職業に就けなくなる
  • 借り入れができなくなる
  • 金融関係のブラックリストに載る
  • 車など高価な財産は没収される
  • 闇金業者に目をつけられる
  • 郵便物が管理される
  • 同居の家族もクレジットカードが作れない
  • 転居が制限される

広告募集中