相続する時に慌てないために、基礎知識を身に着けておきましょう

相続する時に慌てないために、基礎知識を身に着けておきましょう

遺産相続は多くの場合税金がかかります。

相続は基本的に亡くなった方の配偶者や子に遺産を受け継ぐ事を指しますが、その受け継ぐものの多くには税金がかかります。預金、不動産、宝石など金銭的に値が付くものを相続する場合には税金がかかると認識しておいてよいでしょう。現金などは税金を引かれて余った分を相続なので問題ありませんが、注意すべきは不動産や土地など遺産そのものに税金がかかる場合です。この場合、手元に現金がなくとも相続するものの価値に応じて相続税が発生するばかりでなく、所有しているだけで固定資産税が毎年かかってくるので、相続して逆に損する事にもなりかねません。相続にはこのように法律や税金に関する専門知識が必要とされるため、相続に強い税理士に相談するのが良いでしょう。大阪などの都市部には税理士事務所も多いので、相続に強い税理士が見つかりやすいかもしれません。

相続を放置したらどうなる?

結論から言うとメリットはありません。遺産が魅力的なほど放っておくと相続人候補が増える可能性がありますし、預金口座などは一定期間が過ぎると凍結されてしまいます。また、故人が借金をしていた場合はうっかりすると借金を相続してしまう事にもなりかねません。相続はできる時にすぐやっておきましょう。

借金も相続するの?

相続します。もし相続したくない場合は相続放棄を裁判所に宣言することで相続を放棄することも可能ですが、その場合は故人の血縁が近いものから順に借金が相続される事になります。このようなケースはトラブルに発展する可能性が高いため、借金の相続は血縁者の間でよく話し合っておく必要があるでしょう。過払い金があれば返還される可能性もあるのでしっかり調べましょう。

財産とみなされて相続税がかかるもの

  • 現金
  • 預貯金
  • 有価証券
  • 宝石
  • 土地
  • 家屋
  • 貸付金
  • 著作権
  • 特許
  • 死亡退職金

広告募集中