離婚で最ももめるのが慰謝料請求!正しい知識で円満離婚を

慰謝料とは?

慰謝料と聞くと、離婚の時に女性が男性にお金を請求できる権利だというイメージを持たれる人がいるかもしれませんが、そうではありません。正確には「精神的・肉体的苦痛に対する賠償」となりますので、男性が女性に請求するケースも当然あります。大阪には離婚にまつわる慰謝料請求の相談に乗ってくれる弁護士事務所がありますので無料相談などを活用すると良いでしょう。

離婚で慰謝料請求できるケースベスト3

no.1

浮気が発覚

いわゆる不定行為です。どこまでが不貞行為かという議論に発展するケースが多く見られますが、一夜を共にした証拠があるとまず不貞行為と認定されます。

no.2

暴力があった

家庭内暴力(DV)があった場合も慰謝料が請求できる場合が多いでしょう。暴力によってできた傷などが証拠となります。

no.3

セックスレス

以外にも多いのがこの理由です。悪意の拒否や、理由のない拒否も認定されるケースが増えてきています。

離婚で最ももめるのが慰謝料請求!正しい知識で円満離婚を

離婚すると財産分与も発生。該当する財産とは?

婚姻が成立してから離婚するまでの間に夫婦の協力によって得た財産は、その名義にかかわらず財産分与の対象になることがあります。

相続した財産も財産分与の対象に入る?

相続した財産は、相続そのものには「夫婦の協力」は必要ありませんので、財産分与の対象外である特有財産に認定されます。しかし、相続したものの価値を継続するために夫婦の協力があった場合(例えば家を相続し、それを綺麗に保つために夫婦で掃除を分担していたなど)は財産分与の対象となる可能性があります。

離婚にお金の問題はつきもの

離婚にお金の問題はつきものです。トラブルなく円満に離婚できるよう離婚にまつわるお金の知識を身に着けておきましょう。

広告募集中