許可申請の流れ

まずは弁護士に相談

法律に関する事ですので、自分でやるよりは専門家の弁護士に任せましょう。起業時は資金を節約したくなるものですが、法律や申請手続きのコツを1から勉強している暇があったら、多少お金がかかっても弁護士にお願いして営業開始に向けた行動に時間を使った方が良い結果になるでしょう。

申請手続きの準備

店舗の場所など具体的な事が決まり始めたら申請に必要な書類を揃えはじます。その中にはお店の見取り図も含まれています。そう、風俗営業許可が必要なお店の場合は店舗のレイアウトもオーナーの自由というわけにはいかず、風営法による一定の制限を受ける事を覚えておきましょう。

申請・許可

申請すれば必ず許可が下りるわけではありません。これが弁護士にお願いする最たる理由です。せっかく苦労して書類を集めたり店舗の見取り図を作っても許可が下りなければお店は開業できません。ここで資金をケチってよけいな時間を使うより、弁護士にすべて任せて開業準備に全力を注ぎましょう。

過払いは大阪の専門家に電話しよう

風営法プロフェッショナルの弁護士を見つけて起業活動に専念しよう

お店が上手くいかなかった時

無事に開業できても必ずしもお店が上手く行くとは限りません。むしろ多くのお店がなにがしかの債務を抱えているものです。そして、万が一営業が上手くいかず債務の返済が滞ってどうにもならなくなった時は、時効の援用という手段もあります。

時効の援用とは?

債務は支払いの事実が確認できない期間が続くと時効を成立させる事もできます。そして債務者に対して時効の援用、すなわち時効が成立したため払う意思が無い事を伝えることにより債務の支払い義務がなくなるのです。

法律はプロに任せるのが一番

いかがでしたか?風俗営業許可に限らず法律関係は専門家でないと取り扱うのは難しいものです。お金はかかりますが、無理してケチろうとするよりは腕のいい信頼できる弁護士を探す方に時間を使うのが良いでしょう。

新宿で弁護士事務所を利用しよう

広告募集中